クリシェが連続して出現するコード進行パターン

クリシェ進行の基本パターンをいくつか紹介しましたが、クリシェが1度にとどまらず、2,3度にわたって連続して使われるケースを紹介します。下記はクリシェの頻出パターンの記事になります。

【記事】C-CM7-C7 −クリシェ進行−
【記事】C-Caug-C6 −クリシェ進行−
【記事】Am-AmM7-Am7 −クリシェ進行−

■3連続クリシェのパターン

C-CM7-C7(-A7)の進行は、これにとどまらず、この後にクリシェを重ねて、コード8個あるいは12個1セットの進行パターンで現れるケースが多いです。Cメジャーキーにおける、

C-CM7-C7-A7-Dm-DmM7-Dm7-E-Am-AmM7-Am7-Am6

というような進行です。上記の進行を分解すると以下のように3つのクリシェで構成されています。

C-CM7-C7-A7 …1回目
Dm-DmM7-Dm7-E …2回目
Am-AmM7-Am7-Am6 …3回目

コードが12個1セットという規模で確立されているコード進行は他にないような気がします。格闘ゲームの連続コンボみたいな感じですね、コード進行の12連コンボ。だいぶ凝ったコード進行に見えますが意外と定番系です。クリシェ2回目までで終止するパターンもあります。

以下、実践例を挙げてみます。

■LOVE LOVE LOVE/DREAMS COME TRUE

【YouTube】LOVE LOVE LOVE/DREAMS COME TRUE

出現箇所は冒頭のメロディです、以下のような進行。

Key: C#メジャーキー
出現箇所: 0:34〜(歌詞:ねぇどうして〜)

コード進行:
|C# C#M7|C#7 A#7|D#m D#mM7|D#m7 F|A#m A#mM7|A#m7 D#7|F# G#|C#|

カポタストを1フレットとすると、

コード進行:
|C CM7|C7 A7|Dm DmM7|Dm7 E|Am AmM7|Am7 D7|F G|C|

コード進行は定型の12連コンボですが、メロディがそれを感じさせない自然な流れになっています。

■さよなら/大原櫻子

【YouTube】さよなら/大原櫻子

出現箇所はサビです。E♭メジャーキーで♭の記号が多いのでカポタストを3フレットとして表記してみます。

Key: E♭メジャーキー
出現箇所: 0:56〜(歌詞:いつかは僕らも〜)
カポタスト: 3フレット

コード進行:
|C CM7|C7 A7|Dm DmM7|Dm7 Bm7♭7 E|Am AmM7|Am7 D7|Dm7|G|

途中でⅦm7♭5(8つ目のコード)が入る形でラストのクリシェへの推進力が強く生まれます。リンク先はショートバージョンですが、オリジナルのフルバージョンでは冒頭にサビメロが来るようですね。12連の技がゆっくり決まっていく感じが気持ちいいです。

コメント