分数コード(オンコード)とは?

この章では分数コードについて。よく出てくる分数コードをいくつか紹介したいと思いますが、その前に分数コードの基本的な意味を確認しておきます。

■分数コードとは?

分数コードとは、その名の通り分数の形をしたコードで、分子のコードに対して、ベース音(最低音)を分母の音にしたコードを指しています。例を挙げてみます。

 

1C/G

Cコードに対して、ベース音にGを加えます。
実際の押さえ方からイメージしてみましょう。

まずはCコード。一般的な形です。

ここにGの音を最低音となるように加えます。
そのコードダイヤグラムを3パターン載せてみます。

①のポジションは素直に6弦にGの音を足しています。

②のポジションだと5弦はミュートです。(6弦を薬指で押さえる場合には5弦開放は鳴らしにくいですね)

③は②に13フレットを加えた形。13フレットの音がGの音になりますが、Cコードの構成音でもあるため、これもC/Gと呼べる形です。

「ベース音がGであり、それ以外の構成音がAコードの構成音になっていれば良い」というくらいのルールですね。ちなみにC/G実践で出てくる形としては①は頻度少なめです。

 

例2Am/F#

まずはAmコードの基本的な形。

これも同様にAm最低音となるようなF#を加えます。

これは、F#m7♭5と同じ音構成になっています。Am/F# F#m7♭5 は表記が異なりますが、内容は同じであると言えます。

■オンコード(onコード)とは?

オンコードと呼ばれるコードがあります。例えば、ConG AmonF#といったようなコードがそれにあたりますが、意味としては分数コードと同じです。

ConG C/G

ということですね。Gというベース(下地)にCという和音が乗っかっているという構造です。

 

以上が分数コードの基礎になります。この章では比較的出現頻度の高い分数コードをいくつか紹介していきます。

◀︎前の記事【2-3-3.マイナーセブンフラットファイブ -m7♭5の使い方-】

▶︎次の記事【3-1-1. G/Bコード -Ⅴ/Ⅶの使い方-】

コメント