コードやスケールの度数表記 〜初級編〜

度数とは端的に言うと、2音の距離を表すものです。この記事では度数表記について、知っておくべき最低限の部分を簡単に説明します。

度数が扱われる場面としては、所定キーにおけるトニック(主音)と他の音との距離を示すケースが多いため、この記事ではそのケースを扱います。「トニックを基準(1度)としたときの他の音の位置(度数)を示す」とも言い換えられます。これはコード進行の表記でよく用いられます。

単に任意の2音の距離(度数)を示す場合は、やや複雑になるため詳細編として別の記事で説明することとします。まずは初級編としてこの記事をご覧になってみてください。

■スケールの度数表記

スケール上の音を例に度数の付け方を見てみます。度数は、基準となるトニックを1度として、基本スケール上の音をトニックから順に数字をつけていきます。

Cメジャースケールを例にすると「ド」はトニックになるので1度、そこを基準にして「ドレミファソラシ」は順に、1度、2度、3度、4度、5度、6度、7度、となります。この度数の表記には一般的にローマ数字が使われます。

1度=Ⅰ
2度=II
3度=III
4度=Ⅳ
5度=Ⅴ
6度=Ⅵ
7度=Ⅶ

Cメジャーキーの場合、各音の度数は図のようになります。

例えばD(レ)の音は、DメジャーキーであればIですが、図のようにCメジャーキーであればIIとなります。度数表記のされた音がどの音程を示すかは、キーによって異なります。

■コードの度数表記

Cメジャーキーのとき、D(レ)の音はⅡとなりますが、コードの場合もスケールと同じように、Cメジャーキーのとき「Dm」というコードはIImとなります。コードの頭文字の大文字部分を変換すればOKです。度数表記されたコードも同様に、キーによって示すコードが異なります。コード進行の一例を挙げてみます。

コード進行:Ⅰ→Ⅵm→Ⅳ→Ⅴ

上記のように書かれているコード進行は、各キーにおいて下記のようになります。

Cメジャーキー … C→Am→F→G
D♭メジャーキー … D♭→B♭m→G♭→A♭
Dメジャーキー … D→Bm→G→A
E♭メジャーキー … E♭→Cm→A♭→B♭
Eメジャーキー … E→C#m→A→B

…(以下、続きますが省略。。)

というように「ⅠⅥmⅤ」という表記は上記のようなコード進行をすべて包含していることになります。

■なぜ度数表記を用いるか?

度数表記を用いる利点は「キーを限定せずにコードや音程の表現ができる」という点です。楽曲のキーが変わっても、音程が平行移動しただけで本質的な音楽の内容としては変わらないため、キーを限定しない表現は便利になるんですね。度数表記が必要な理由は熟練してくると自然とわかると思いますので、よくわからなくでも大丈夫。度数表記が出てきたときに代表的なキーでコードがイメージできるようになっていると良いと思います。

 

●度数は2音の距離を表し、ギターコードを扱う上では、トニックを基準としたときの他の音の位置(トニックからの距離)を示す表現がよく用いられる。

●コード進行には度数表記がよく用いられる。

●度数表記の利点は、キーを限定せずにコードや音程の表現ができること。

コメント