1-3-2.メジャーコードの構成音

■メジャーコードの構成音

コードの基本形の一つ、メジャーコード。メジャーコードは、明るい響きを持ち、コードのルート音を含む以下の3和音で構成されています。

・ルート音
・ルートの半音4つ上の音
・ルートの半音7つ上の音

 

Cコードの場合を例にして、構成音を確認してみましょう。

 

まずルート音はC、すなわちドですね。
ドの半音4つ上の音はミ、半音7つ上はソになるので、
Cの構成音は、「ドミソ」になります。

 

C=ドミソ」と覚えておけば、メジャーコードの定義を逆算できますね。

■構成音の度数

また、ルート音をⅠ(1度)とすると、ルート+4の音はⅢ(3度)、ルート+7の音はⅤ(5度)となっています。メジャーコードは、Ⅰ、Ⅲ、Ⅴの和音とも言えます。

この構成音となる「ドミソ」は、ドの音を基準に、
Ⅰ(ド)、Ⅲ(ミ)、Ⅴ(ソ)、となってますね。

YouTube版はこちら。

 

メジャーコードはコードの基本形の一つで、明るい響きを持つ。

メジャーコードは、ルート音、ルート+4、ルート+7、の3和音で構成される。

また、メジャーコードはルート音をⅠとすると、Ⅰ、Ⅲ、Ⅴの和音。

◀︎前の記事【1-3-1.ルート音とは?】

▶︎次の記事【1-3-3.マイナーコードの構成音】

コメント