2-1-2. F-G-Em-Am 王道進行(★☆☆)

度数表記だと、m-m の進行ですね。「王道進行」とも呼ばれていたりするようですが、その名の通り指折りにド定番なコード進行パターンの一つ。JPOPにおいてはカノン進行とのツートップ的な存在感です。度数の数字部分を並べて4536進行」と呼ばれることもあります。カノン進行との違いをあえて挙げると、

・洋楽でも多く使われる
・楽曲のどのセクションでも使いやすい

などがあります。いくつか使用例を紹介します。

■fragile/Every Little Thing

【YouTube】fragile/Every Little Thing

2001年にリリースされたEvery Little Thingの17thシングルです。出現箇所はサビ、1:57あたりから。キーはFで、以下のような進行。

B♭ CAm Dm CB♭ C|Dm C

3カポなら、

|G A|F#m Bm A|G A|Bm C

シンプルな4536の形ですね。

■もう恋なんてしない/槇原敬之

【YouTube】もう恋なんてしない/槇原敬之

1992年にリリースされた槇原敬之さんの5thシングル。出現箇所はこちらもサビです。1:27あたりから。キーはEで、以下のような進行。

A  B/AG#m C#mF#m BE

2つ目のコードは1つ目のコードのベース音を引きずる形で分数コードになっています。すなわち、ベースは4436となっている形。よく使用される変化形になります。

■何気ない日々であれ/田端悠

【YouTube】何気ない日々であれ/田端悠

ここでもYoutube上の自分の曲を一つ挙げます。笑
使用箇所はサビ。1:48あたりから。キーはBm(D)、自分の曲なので細かく書きますが、

G69  A/GF#m7  Bm7  Bm7/AEm  A#dimBm7  Am7  D7

と弾いています。ごちゃごちゃと書いてますが、前半部分が4536の変化系ですね。「もう恋なんてしない」と同じように、1つ目のコードのベース音を引きずる変化です。

コメント