2-1-4. C-Am-F-G 1645進行

度数表記だと、m- の進行ですね。スタンドバイミーで有名な進行で、派手さはないですが、クセが少なくて使いやすく、メロディの自由度も高い進行だと思います。他の定番のコード進行と比較すると、1コードずつの尺を長めにとるケースが多いような気がします。使用例をいくつか紹介します。

■Stand By Me/Ben E. King

【YouTube】Stand By Me/Ben E. King

ご存知、ベン・E・キングのスタンドバイミーです。イントロの頭から延々と同じ進行が続きます。キーはAで、

AAF#mF#mDEAA

ですね。コードチェンジ間のベースの経過音が入っていますが、基本の進行は上記のような感じ。

■YELL/コブクロ

【YouTube】YELL/コブクロ

2001年リリースのコブクロのメジャーデビューシングル。出現箇所はサビ、1:03あたりから。キーはGで、

GGEmEmCCDD

というシンプルな進行です。

■バスロマンス/チャットモンチー

【YouTube】バスロマンス/チャットモンチー

チャットモンチー2007年リリース4thシングル「女子たちに明日はない」のCW曲。2ndアルバム「生命力」にも収録されており、CMソングにもなっています。出現箇所はサビ、1:07あたりから。キーはAで、

AAF#mF#mDDDmE

Dmの部分がやや変化球気味ですが、こちらも割とシンプルな進行ですね。

■ブルーベリー/田端悠

【YouTube】ブルーベリー/田端悠

Youtube上の自分の曲から一つ。出現箇所はド頭のイントロ部分です。キーはEで、4カポで、

C Am7F GC Am7F Gsus4G

と弾いてます。コードを少し簡単にすると、

C AmF GC AmF GG

と、なります。歌メロがない部分なので例としては不十分ですが、アルペジオにメロディが入っているような感じなので雰囲気を掴んでいただければ!

◀︎前の記事【2-1-3. Am-F-G-C 小室進行】

▶︎次の記事【2-1-5. C-Em-F-G 1345進行】

コメント