2-2.ノンダイアトニックコード

この章では、ダイアトニックコードではないメジャーコードおよびマイナーコードの使用パターンを紹介していきます。★の数は出現頻度というような雰囲気で捉えていただいてもよいかと思います。こちらも実際の使用例を交えながら紹介していますので、音源を確認しながら読んでみてください。

2-2-1. Dコード −Ⅱの使い方− (★☆☆)
ダイアトニックコード上で2度和音はマイナーコードになりますが、ここではダイアトニックコードではない、2度をルートとするメジャーコードを扱います。すなわち、キーCにおけるDコードになります。このコードはセブンスが付加されて使用されるケースが多...
2-2-2. Eコード −Ⅲの使い方− (★☆☆)
ここではダイアトニックコードではない、3度をルートとするメジャーコードを扱います。キーCにおけるEコードになりますね。このコードもまたセブンスが付加されて使用されるケースが多いです。使用パターンは様々ですが、EのあとAmへと進む進行がほとん...
2-2-3. Fmコード −Ⅳmの使い方− (★☆☆)
ここではダイアトニックコードではない、4度をルートとするマイナーコードを扱います。キーCにおけるFmコードですね。このコードもまた様々な使い方がありますが、 色濃く特徴が出ているパターンは少ないので、比較的よく現れるF(Dm)→Fmの形だ...
2-2-4. Gmコード −Vmの使い方− (★★☆)
ここではダイアトニックコードではない、5度をルートとするマイナーコードを扱います。キーCにおけるGmコードになります。Gm(Ⅴm)は、セクション間のつなぎ部分でアクセント的に使われることが多く、隠し味的に機能しています。前後のコード運びも特...
2-2-5. Aコード −Ⅵの使い方− (★☆☆)
ここではダイアトニックコードではない、6度をルートとするメジャーコードを扱います。キーCにおけるAコードになります。このコードもまたセブンスが付加されて使用されるケースが多いです。Aコードの構成音の中で、ド# はCメジャースケール外の音にな...

コメント