2-2-2. Eコード −Ⅲの使い方− (★☆☆)

ここではダイアトニックコードではない、3度をルートとするメジャーコードを扱います。キーCにおけるEコードになりますね。このコードもまたセブンスが付加されて使用されるケースが多いです。使用パターンは様々ですが、EのあとAmへと進む進行がほとんどです。よく出てくるパターンをいくつか紹介します。

■F-E-Am (Ⅳ-Ⅲ-Ⅵm)

FからEへ進行するケースです。度数表記ではⅣですね。よく使用されるパターンです。

■I Need To Be In LoveThe Carpenters

【YouTube】I Need To Be In Love/The Carpenters

カーペンターズの説明不要の名曲。出現箇所はサビです。1:23あたりから。

D E/DC#m F#mBm EA A7
D C#7F#m B7Bm7 EA…

バラードの要所でアクセント的に使うとグッときますね。

 

ブルーベリー/田端悠

【YouTube】ブルーベリー/田端悠

Youtubeから自分のも紹介してみます。
出現箇所はサビで、1:14あたり、歌詞が「いつしか大人になってー」のところから。キーはEで、4カポで以下のように弾いてます。

F  F/GCF EAm Am7/GF EAm7 CFFmC…

泣きメロ系にはもってこいの進行です。

■Am-G-F-E (Ⅵm-Ⅴ-Ⅳ-Ⅲ)

Amから始まる4つ1セットの進行パターン。度数表記ではⅥm→Ⅴ→Ⅳ→ですね。

からたちの木/ハンバートハンバート

【YouTube】からたちの木/ハンバート ハンバート

ハンバートハンバートの4thアルバム「11のみじかい話」から。曲の冒頭からしばらく以下の進行が続きます。

AmAmGGFFEE

この41セットの進行はループして使われることが多く、コードバッキング自体がリフ的に機能しているケースが多くあります。「からたちの木」はリフ的な使われ方ではないですね。また、ラテン系音楽ではよく使用されている進行のようです。

■C-E-Am (Ⅰ-Ⅲ-Ⅵm)

トニックコードであるCからEへ進行するケースです。度数表記ではⅠですね。


■All You Need Is LoveThe Beatles

【YouTube】All You Need Is Love/The Beatles

ビートルズから1曲。キーはGで、出現箇所はサビ、1:01あたりから。

G ADG ADG B7Em DC D

 

輝く月のように/Superfly

【YouTube】輝く月のように/Superfly

Superflyの15thシングル。Aメロ歌い出し部分です。0:30あたりから。キーはCで以下のような進行。

C EAm Am7/GF EmDm Gsus4 G

このパターンもやはりAm(Ⅵm)へと続くのが基本です。ちなみにこ曲のキーはイントロはAで始まり、Aメロから転調してCに、サビで再びAに戻ります。すなわち上記のAメロ部分はキーCになります。

コメント