コードワーク

コードワーク

ペダルポイントとは? 〜コード進行中の持続音〜

■ペダルポイントとは? ペダルポイントとは「コード進行の中で、コード自体は変化していくけれど、共通して鳴り続けている音のこと」を指します。この音は、単にペダルと呼んだり、ペダルトーン、ペダルノートと呼ばれることもあります。また、ペダルポイ...
コードワーク

Am-AmM7-Am7 〜クリシェ進行〜

ここでは、Am-AmM7-Am7というクリシェ進行についてです。度数表記では、Ⅵm-ⅥmM7-Ⅵm7 ですね。取り上げているパターンの中では唯一のマイナー進行で、クリシェの代名詞的な定番系です。様々な展開で使用されますが、POPSだとサビ終...
コードワーク

C-Caug-C6 〜クリシェ進行〜

ここではC-Caug-C6という進行についてです。度数表記では、Ⅰ-Ⅰaug-Ⅰ6ですね。これも実践で使われるクリシェ進行の一つになります。こちらもクリシェで動かしている音に着目すると、C(ソ)→Caug(ソ#)→C6(ラ)、となっており、...
コードワーク

C-CM7-C7 〜クリシェ進行〜

ここではクリシェ進行の一つである、C-CM7-C7という進行についてです。度数表記では、Ⅰ-ⅠM7-Ⅰ7ですね。3-2の記事の繰り返しになりますが、この進行においてクリシェで動かしている音に着目すると、C(ド)→CM7(シ)→C7(シ♭)、...
コードワーク

クリシェ進行とは?

この章では「クリシェ」というコード進行のパターンについて記述します。歌モノ音楽ではそれなりに使用頻度のあるコード進行パターンなので、要チェックです! ■クリシェとは? クリシェとは、「コード進行においてコード構成音の1つを半音・全音...
コードワーク

G/Fコード 〜Ⅴ/Ⅳの使い方〜

この記事では分数コード、Ⅴ/Ⅳコードについてです。すなわち、キーCにおけるG/Fになります。使われ方として最も多いのが、王道進行と呼ばれる進行のⅤコードがⅤ/Ⅳの置き換わるパターンです。 キーCを例にすると、F→G→Em→Am、という進行...
コードワーク

F/Gコード 〜Ⅳ/Ⅴの使い方〜

この記事では分数コード、Ⅳ/Ⅴコードについてです。すなわち、キーCにおけるF/Gになります。スリーコードの基本的なコード進行の着地パターン、F→G→C、という進行におけるGコードがF/Gに置き換わるケースがよく現れます。 F→F/G、...
コードワーク

G/Bコード 〜Ⅴ/Ⅶの使い方〜

この記事では分数コードの中でも比較的出現頻度の高いⅤ/Ⅶについてです。すなわち、キーCにおけるG/Bになります。カノン進行の冒頭にも出てくる、C→G→Amという進行におけるGコードがG/Bに置きかわるケースがよく現れます。C→G→Amを、C...
コードワーク

分数コード(オンコード)とは?

この章では分数コードについて。よく出てくる分数コードをいくつか紹介したいと思いますが、その前に分数コードの基本的な意味を確認しておきます。 ■分数コードとは? 分数コードとは、その名の通り分数の形をしたコードで、分子のコードに対して...
コードワーク

マイナーセブンフラットファイブコード −m7♭5の使い方−

ここではm7♭5(マイナーセブンフラットファイブ)コードについて記述します。ここはノンダイアトニックコードの章ですが、m7♭5コードの中でもⅦm7♭5は4和音ダイアトニックコードになってます。Ⅶm7♭5は中級者以上は必修コードだと思うので要...