田端悠の音楽コラム

ツーファイブ進行(Ⅱm-Ⅴ)を利用した転調パターン
ここではⅡm→Vといういわゆるツーファイブのコード進行を利用した転調のパターンを紹介します。この転調は、唐突に転調先のⅡmのコードに飛ぶケースが多く、あざとくなくしなやかな印象を受けます。キーの移動先もいろんなパターンがあるので知っておいて...
ペダルポイントとは? 〜コード進行中の持続音〜
■ペダルポイントとは? ペダルポイントとは「コード進行の中で、コード自体は変化していくけれど、共通して鳴り続けている音のこと」を指します。この音は、単にペダルと呼んだり、ペダルトーン、ペダルノートと呼ばれることもあります。また、ペダルポイ...
AメロBメロCメロだけじゃない!「時の旅人」のメロディ展開
JPOPなどでは、Aメロ→Bメロ→サビ、というように、1曲を3種類くらいのメロディで展開するパターンが多いですが、1曲が多くのメロディで構成されている珍しいパターンの曲を紹介します。■時の旅人(合唱)【YouTube】時の旅人(合唱)言わず
Bメロとサビが同じメロディの曲
今回は、Aメロ→Bメロ→サビという流れの中で、Bメロとサビが同じメロディになっている珍しいパターンの曲を紹介します。 ■永遠/岡平健治 岡平健治さんの2008年にリリースされた1stアルバム「パンクフォーク」収録曲です。 【You...
Aメロとサビが同じコード進行で同じメロディの曲
JPOPなどでは、Aメロ→Bメロ→サビという流れで色鮮やかに展開するパターンが主流になっていますが、Aメロとサビが同じメロディになっている珍しいパターンの曲を紹介します。 ■In The End/The Living End The...
ギターを始める左利きの人はどうするべき?〜右利き用のすすめ〜
今回は左利きの人がギターを始める場合どうするのが良いか?を主観で述べてみます。僕自身は左利きなのですが、ギターは右利きのスタイルで始めました。これからギターを始める人には、右利きスタイルで始めることをおすすめしています。 というわけで、僕...
「毎日がスペシャル/竹内まりや」の転調
2001年にリリースされた竹内まりやさんの楽曲。この曲の転調が興味深いので、紹介してみます。この曲のAメロは、 ⅠM7→ⅣM7→ⅠM7→ⅣM7 というコード進行なんですが、Aメロ途中で半音3つ分上に平行移動して、転調先で同様の進行かつ同...
テンションコードとは? −聴き比べ動画付き−
コード構成音にテンション(♭9th、9th、#9th、11th、#11th、♭13th、13th)を含むコードを指し、和音の響きにテンション(緊張感)を与えるとしてテンションコードと呼ばれています。 ■コード構成音数の違い テンショ...
コードネームの表記と意味
この記事では音楽全般におけるコードネームの表記やその意味ついて書いています。コードネームの付け方がわからないという人も、まずはコードネームの意味を理解するところからはじめてみましょう。コードネームからコード構成音を見極める手順を以下の3つに...
各コードタイプのピッチクラス一覧
コードタイプは様々な種類がありますが、それぞれの構成音をピッチクラス値で一覧にしています。ご参考に。 【記事】ピッチクラスとは? C… C6… C7… CM7… C(-5)… C7(-5)… Cm… Cm6… Cm7… ...
ピッチクラスとは?
コード構成音やスケール構成音の表記の仕方として「ピッチクラス」というのがあります。学問としてはピッチクラス・セット理論というのがよく知られているようですね。音楽理論への理解の浅い方には少し難しめに見えるかも知れませんが、慣れればわかりやすい...
ジミヘンコードとは?押さえ方は?
ジミ・ヘンドリックスの楽曲中で時折使われている特徴的なギターコードが、「ジミヘンコード」という愛称で知られています。なかなかユニークなコードなので、そのコード構成や押さえ方を紹介してみます。 ■ジミヘンコードとは? さっそくですが、...
「おとなの掟/Doughnuts Hole(作詞作曲:椎名林檎)」コード進行分析
2017年の頭に放送されていたTBSのTVドラマ「カルテット」の第1話で、エンディングで主題歌「おとなの掟」が流れてきたときに最初のAメロでグッと心を掴まれました。映像との合わせ技のせいかもしれないけど、聴きながらドキドキして、終わってもし...
結婚式のBGMおすすめ曲
結婚式余興の演奏曲も悩むところですが、披露宴のときにBGMとして流す曲の選曲もまたいろんな選択肢があり、悩ましいです。 別記事で筆者の結婚式披露宴で演奏した曲目を紹介しましたが、この記事では、筆者の披露宴BGMを紹介してみます。 【記事...
結婚式の余興演奏おすすめ曲
音楽に精通する人なら、結婚式の披露宴余興としてギター弾き語りやバンド演奏をすることは珍しくないかと思いますが、曲目に悩むこともあるでしょう。筆者も結婚式の披露宴や二次会の場で幾度か演奏をした経験があるので、そのときの演奏曲を紹介してみたいと...
ローコード、ハイコードとは?【特徴と使い分け】
ギターコードはローコードとハイコードの2つがあります。この記事ではローコードとハイコードそれぞれの意味、違い、特徴、メリットやデメリット、使い分けの観点などを解説していきます。 ■ローコードとハイコードの違い ローコードとハイコード...
平行調と同主調
この記事では、音楽用語として時折出てくる、平行調や同主調とは何かについて記述します。ギター弾きとしては特に平行調については知っておくと良いケースが多いので、是非覚えておきましょう。 ■平行調とは? 平行調とは一言で言うと、同じスケー...
パワーコードとは?【実践ギターコード使用法】
ギタリストなら耳にしたことがあるかと思いますが、パワーコードと呼ばれるコードがあります。コードの種類というより、パワーコードという奏法といっても良いかもしれません。ここではパワーコードって何?どう押さえるの?使い方は?に触れていきたいと思い...
ギター初心者おすすめ練習曲 ~渡良瀬橋~
初心者の方にギターの練習は自分の好きな曲のコピーをすることが一番良いと思いますが、それ以外であれば森高千里さんの「渡良瀬橋」のコード弾き語りのコピーがなかなかいいのではないかと思っています。コード進行の基本的なパターンや知っておきたいパター...
コードやスケールの度数の数え方
1-2-6の記事でも述べた通り、度数は本来「2音間の距離」を示したもので、低い方の音を基準としてその音から見た高い方の音の位置を示します。1-2-6の記事で例として載せている円形モデルの1度~7度は、ド(C)を基準とし、各音のドから見た位置
プレイングキーの難易度
キー変更やカポタスト使用の際に、プレイングキーそれぞれ特徴を理解しておくことが重要になりますが、ここでは12個のメジャーキーに対して、ギターのプレイングキーとしての基本的な難易度のランキングをつけてみました。ご参考に。熟練者の方は是非ご自身
プレイングキーとは?
■プレイングキーとは? プレイングキーとは「ギターを演奏する上でのキー」です。文章にするとわかりにくいですが、右利きの場合「左手はどのキーとして振る舞うか」といも言えます。基本的にはカポタスト使用時に使われる表現なので、ギタリスト特有の言...
カポタストの使い方
アコギ弾き語りストの必須アイテム「カポタスト」通称「カポ」! これどう使うの?どういう意味があんの?と言いたくなるような見た目ですね。笑  ①章ではキーや移調について記述していますが、それらと密接に関わってくるアイテムです。ここで...
dimコードとdim7コードは同じ?
dim(ディミニッシュ)コードdim7(ディミニッシュトセブンス)コードというコードがありますが、これらのコードはやや混乱を招きやすいため、ここではこの2つのコードの紹介し、どう扱われているかについて書いていきます。■dim(ディミニッシュ
マイナーセブンフラットファイブコードの押さえ方
ディミニッシュコード(◯dim)と同様に、マイナーセブンフラットファイブコード(◯m7♭5)についても、4弦ルート、5弦ルート、6弦ルート等のいろいろな押さえ方を知っておきましょう! ■4弦ルートm7♭5の押さえ方 あまり見...
ディミニッシュコードの押さえ方
dimコードの押さえ方ですが、一般的に4弦をルートとしたコードダイヤグラムが良く知られています。dimコードをより使いこなすために、他の押さえ方も知っておきましょう。どのコードにも当てはまることですが、4,5,6弦それぞれがルートとなるとき