F-E-Am 丸の内進行

今回の記事で扱うのは、F-E-Am という進行、すなわち、Ⅳ-Ⅲ-Ⅵmのコード進行です。マイナーキーでは、♭Ⅵ-Ⅴ-Ⅰmという表記になります。

椎名林檎さんの楽曲「丸の内サディスティック」で採用されており、丸の内進行、丸サ進行、椎名林檎進行などといった様々な名称で親しまれているようです。ジャズナンバーの「Just The Two Of Us」で使われていることでも知られています。

この進行は以前に下記リンクの記事の中でも紹介しており、楽曲内の一部でスポット的に使用されている例を挙げました。

【記事】Eコード −Ⅲの使い方−

今回はこのⅣ-Ⅲ-Ⅵmの進行がループして使われている楽曲を紹介してみたいと思います。

■丸の内サディスティック/椎名林檎

【YouTube】丸の内サディスティック/東京事変

冒頭で紹介したように、丸の内進行という名の由来になっている楽曲です。リンクは東京事変でライブ演奏しているバージョン。冒頭のイントロから繰り返し使われています。以下のような進行。

Key: Cマイナーキー(E♭メジャーキー)
出現箇所: 冒頭から

コード進行:
|A♭M7 G7|Cm7 E♭7|

 

カポタスト3フレットで演奏する場合は、

コード進行:
|FM7 E7|Am7 C7|

となります。4つ1セットのコード進行がループして用いられています。4つ目のコードは3つ目のコードをそのまま引きずるケースも多くあります。

■愛を伝えたいだとか/あいみょん

【YouTube】愛を伝えたいだとか/あいみょん

テレビ番組でも紹介されていたナンバー。こちらも冒頭の歌い出しから使われています。

Key: F#マイナーキー(Aメジャーキー)
出現箇所: 冒頭から

コード進行(Aメロ):
|DM7|C#7|F#m7|B7|DM7|C#7|F#m7|A|

コード進行(サビ):
|DM7 C#7|F#m7|DM7 C#7|F#m7 A|…

 

カポタスト2フレットで演奏する場合は、

コード進行(Aメロ):
|CM7|B7|Em7|A7|CM7|B7|Em7|G|

コード進行(サビ):
|CM7 B7|Em7|CM7 B7|Em7 G|…

サビではコードチェンジの周期が半分に短くなっています。

■F-E-Amのコードワークアレンジ

下の動画でF-E-Am進行に味付けをしたパターンをいくつか紹介しています。聴き比べてみてください。

コメント