G/Fコード 〜Ⅴ/Ⅳの使い方〜

この記事では分数コード、Ⅴ/コードについてです。すなわち、キーCにおけるG/Fになります。使われ方として最も多いのが、王道進行と呼ばれる進行のⅤコードがⅤ/の置き換わるパターンです。

キーCを例にすると、F→G→Em→Am、という進行におけるGコードがG/Fに置きかわり、F→G/F→Em→Am、となる進行ですね。ベースがFで滞在し、次のEmへの接続が滑らかになる印象です。

ちなみにG/Fのコードダイヤグラム図の一例が下のような感じ。

やや押さえにくい形のため、キーCの弾き語りでは使用頻度は高くないかもしれません。1限や5弦はミュートでも良いと思います。(下図のような感じ)

では、実際の使用例を紹介します。

■何気ない日々であれ/田端悠

【YouTube】何気ない日々であれ/田端悠

使用箇所はBメロ、1:19あたりから。キーはBm(D)で、以下のような進行。

A/G GA/G G69F#m7Bm7 Bm7/AG#m7♭5GM7Em9A7sus4A7

1コード目、3コード目のA/GがⅣ/Ⅴになっています。

 

サビでも使用しているので、ついでに紹介します。
1:50あたりから以下のような進行。

G69  A/GF#m7  Bm7  (Bm7/A)|Em  A#dimBm7  Am7  D7

2コード目がⅣ/Ⅴになっています。こちらは冒頭で挙げたような王道進行の変化系ですね。

A/Gのコードダイヤグラム図を載せてみます。

1,5限はルール上鳴らしてもよさそうですが、ミュートの方がバランスがいい気がします。押さえ方の都合上5弦はミュートがよさそうですね。

■CANDY/Mr.Children

【YouTube】CANDY/Mr.Children

使用箇所はサビ、1:48あたりから。キーはAで、以下のような進行。

D E/DC#m F#mD C#7F#mD E/DC#m F#mD EA…

2コード目のE/DがⅣ/Ⅴになっています。こちらもまた王道進行の変化系ですね。

E/Dもコードダイヤグラム図を2パターン載せてみます。

弾き語りではなかなか使える進行なので、マスターしてみてください!

◀︎前の記事【3-1-2. F/Gコード -Ⅳ/Ⅴの使い方-】

▶︎次の記事【3-2. クリシェ進行】

コメント