1-1.音楽理論を理解するメリット

コード進行を語る上で楽曲の「キー(調性)」の概念や「コードの度数表記」については知っておくとメリットが多いので、理論的な部分に少し触れてみます。音楽理論というとカタいイメージを持たれがちですが、要は音楽上のルールみたいなものですね。

本章では基本的な部分にのみ触れようと思いますが、そもそも「音楽理論を理解するとどんなことができるようになるの?どんなことに役立つの?」を主観でいくつか述べてみます。

■技術を吸収しやすくなる

音楽理論の理解が深まると、音楽を「聴く」ことと「弾く」ことを紐づけて捉えやすくなります。

例えば、「シャレた雰囲気にするにはこのコードを使えばいい」とか「こういうコードワークだとブルースっぽくなる」みたいな知見を得やすくなります。作曲観点でも、狙った曲を作りやすくなるでしょう。

また、論理的に解釈できる部分が多くなるので、一度弾いたコードパターンを忘れにくくなると思います。

■キーの変更やカポタストの効果的な使い方がわかる

音楽をやる上で、キーの変更(移調)や、アコギストであればカポタストの使用はつきものですが、音楽理論の基本的なところをおさえておくと上手く対応できるようになります。

ちなみにカポタストはギターに使用するアイテムで、主にキー(またはプレイングキー)を変えて演奏することや、ギターの演奏負荷を軽くすることを目的に使われるものです。キーやカポタストについては後術しますので、読んでみてください。

■アドリブギターを弾くための礎ができる

ロックやジャズの場で行われるようなアドリブセッションでは、ギター、ベース、鍵盤等の音階楽器にはキーやコード進行といったような共通認識のルールを前提に演奏します。音感や特別なスキルがなくてもルールをしっかり理解していればある程度は対応できるようになります。身につけてアドリブギターの礎を築きましょう。

 

以上、何点か音楽理論学習のメリットを綴ってみました。音楽家のしての対応力が広がり、ときには楽器や作曲のスキルを補うことにもつながります。このサイト①の★1つの記事の内容は是非とも目を通してみてください。

 

▶︎次の記事
1-2-1.音名について(★☆☆)
■1オクターブは12音 まずは音楽の基礎、ドレミの話からです。譜面上に表現できる音は基本的に12種類あり、それらは循環します。 この12音の隣接音同士は等間隔で半音刻みになっていて、演奏の上ではこの12音を扱います。半音12...

コメント