2019-10

コードワーク

3-1-3. G/Fコード -Ⅴ/Ⅳの使い方-

この記事では分数コード、Ⅴ/Ⅳコードについてです。すなわち、キーCにおけるG/Fになります。使われ方として最も多いのが、王道進行と呼ばれる進行のⅤコードがⅤ/Ⅳの置き換わるパターンです。 キーCを例にすると、F→G→Em→Am、という進行...
コードワーク

3-1-2. F/Gコード -Ⅳ/Ⅴの使い方-

この記事では分数コード、Ⅳ/Ⅴコードについてです。すなわち、キーCにおけるF/Gになります。スリーコードの基本的なコード進行の着地パターン、F→G→C、という進行におけるGコードがF/Gに置き換わるケースがよく現れます。 F→F/G、...
コードワーク

3-1-1. G/Bコード -Ⅴ/Ⅶの使い方-

この記事では分数コードの中でも比較的出現頻度の高いⅤ/Ⅶについてです。すなわち、キーCにおけるG/Bになります。カノン進行の冒頭にも出てくる、C→G→Amという進行におけるGコードがG/Bに置きかわるケースがよく現れます。C→G→Amを、C...
転調

4-1-2. +3と-3の転調 〜自然な転調の仕方〜

平行移動系の転調を除くと、今回紹介する「+3, -3の転調」が最も頻度高く現れます。転調の際に、好きなキーに飛び移ることができれば作曲者としては一番良いのですが、なかなかそう上手くいかないものです。そんな中、+3や-3の転調は、転調元のキー...