3-2-2. C-Caug-C6 -クリシェ進行- (★★☆)

ここではC-Caug-C6という進行についてです。度数表記では、Ⅰaug-6ですね。これも実践で使われるクリシェ進行の一つになります。こちらもクリシェで動かしている音に着目すると、C(ソ)→Caug(ソ#)→C6(ラ)、となっており、次のコードはその流れを受けてC7Gmのような「シ(短7度)」の音を含むコードが並ぶケースが多いです。

実使用例を紹介します。

■I Need To Be In Love/The Carpenters

【YouTube】I Need To Be In Love/The Carpenters

出現箇所は歌い出しAメロ、0:29あたりから。キーはAで、以下のような進行です。

AAaugA6G A7D…

前述の通り、4コード目のGは短7度の音を含むコードになっています。

■不思議なピーチパイ/竹内まりや

【YouTube】不思議なピーチパイ/竹内まりや

出現箇所は冒頭のイントロ部分。歌メロ部分ではないですが紹介してみます。
キーはDで、以下のような進行です。

DDaugD6DaugDBmEmA

こちらは4コード目がDaugとなっていて、音の変化が逆方向に戻っている形です。

コメント