3-1-2. F/Gコード -Ⅳ/Ⅴの使い方- (★☆☆)

この記事では分数コード、Ⅳ/Ⅴコードについてです。すなわち、キーCにおけるF/Gになります。スリーコードの基本的なコード進行の着地パターン、F→G→C、という進行におけるGコードがF/Gに置き換わるケースがよく現れます。

F→F/G、と進行すると、コード構成音としては(ファラド)→(ソファラド)となり、Fの構成音を残したままベース音のみを変化させるような進行になります。コード進行の中で、コード構成音を部分的に変化させる(=部分的に残す)ことで、コード間の接続がスムーズになります。

ちなみにF/Gのコードダイヤグラム図の一例が下のような感じ。

では、実際の使用例を紹介してみます。

ブルーベリー/田端悠

【YouTube】ブルーベリー/田端悠

出現箇所はサビで、1:14あたりから。キーはEで、4カポで以下のように弾いてます。

|F F/G|C|F E|Am Am7/G|F E|Am7 C|F|Fm|C…

2コード目がⅣ/Ⅴにあたります。

コメント